リノベーションの強い味方!

LIXILのショールームに潜入

福岡空港国際線のすぐそばにある
「LIXIL(リクシル)ショールーム福岡」。
RENOVALIFEのスタッフが
ショールームを訪問し、
4回にわたってレポートする連載の第3回目は
お風呂と洗面をご案内しよう。

2019年9月20日開催「お掃除セミナー」

2019年9月20日に開催した「お掃除セミナー」。
LIXILショールーム福岡のキッチンを使って
山口さんから掃除のコツを学び、楽しい雰囲気で盛り上がった

 福岡空港国際線のすぐそばにある「LIXILショールーム福岡」。約600坪の広々とした空間にキッチンやお風呂、トイレなどの水まわり製品、窓やサッシ、ドア、エクステリアまで住まいに関するあらゆる製品が並んでおり、予約なしで誰でも自由に見学できる。
 同ショールームでこの秋、リクシルとレノバライフのコラボによる「お掃除セミナー」を開催した。講師にお迎えしたのは、ハウスクリーニング歴44年、訪問件数10万以上というお掃除のプロ・山口由紀子さん。ショールームのキッチンを使い、簡単で楽チンな日ごろのお手入れ法と掃除のコツを学ぼうというこの企画は、平日にもかかわらず多くの方にご参加いただいた。山口さんが掃除グッズを使って実演し、参加者の皆さんに実際にやってもらうところもあった。実演中や質疑応答タイムには活発に質問が出て、キッチンだけでなくトイレや床、壁、窓掃除のコツも教えてもらい、熱心にメモを取られていた。「こんなに素敵なショールームがあるなんて知らなかった。また来ます」という方もいて、とても楽しく充実したイベントとなった。
今回はお風呂と洗面を体験してきました!
RENOVALIFEスタッフがショールームのコーディネーターにキッチンの展示スペースを案内してもらいました。
RENOVALIFEのスタッフが
お風呂と洗面の展示スペースを
案内してもらいました。
お風呂はどんどん進化しているんですよ ショールーム コーディネーター 中尾成美さん

ショールーム
コーディネーター

中尾成美さん

お風呂が好きなので、浴室スペースを案内するのが楽しみ

お風呂と洗面にはどんな機能があるのかな RENOVALIFEスタッフ 河合紘子さん

RENOVALIFE
スタッフ

河合紘子さん

30代。築30年近い実家のリノベーションを検討中

 第3回目のショールーム体験は、一緒にリノベーションされることが多いというお風呂と洗面コーナーをガイドしてもらった。
 「お風呂というと女性をイメージされるかもしれませんが、ご案内していると、意外に男性のほうがこだわりが強い気がします。こちらのSPAGE(スパージュ)は、特に男性に人気です」とコーディネーターの中尾成美さんがまず紹介してくれたのは、ブラックを基調にしたシックなお風呂。「わあ、こんなところからお湯が出ている」と河合さんが驚いて指さしたのは浴槽のふちで、ゆるやかな滝のようにお湯が流れている。お風呂につかるとちょうど首から肩にかけてお湯があたり、リラックスできそう。ほかに、天井から全身を包み込むように広がるシャワー、お湯が落下する打たせ湯、色と明かりを変えられる照明、テレビなど、バスタイムが楽しくなる機能が満載だ。
「天井から打たせ湯が出るんですね」(河合さん)

「天井から打たせ湯が出るんですね」(河合さん)

「肩の血行がよくなり、体じゅうが温まります。お湯が落ちるやわらかな水音にも癒されますよ」(中尾さん)

まるでホテルのスイートルームのような肩湯。「肩の血行がよくなり、体じゅうが温まります。お湯が落ちるやわらかな水音にも癒されますよ」(中尾さん)

「天井から打たせ湯が出るんですね」(河合さん)

お悩みを解決する多彩な機能

 次に河合さんが注目したのは、浴槽の横にあるカウンター。「大きなカウンターですね」と河合さんが言うと、中尾さんが「お風呂といえば浴槽にゆったりつかり、洗い場ではかたい椅子に座ってさっと体を洗いますよね。でも、このベンチカウンターにはクッションがついていて座り心地がよく、ゆっくり体のお手入れをしたり、クールダウンしたりするのにもいいんですよ」と説明してくれた。河合さんは「足腰が弱くなっているシニアの方は、立ったまま浴槽をまたぐのが大変だと聞きます。でも、ここに座って足を上げて浴槽に入ると、転ぶ心配がなくて安心ですね」と座り心地を確かめていた。

カウンターに座って浴槽と洗い場を行き来できる

お風呂のふちにカウンターを置き、さらに洗い場にベンチカウンターをつければ、カウンターに座って浴槽と洗い場を行き来できる

カウンターを取り外して壁にかければ、洗い場を広く使える

カウンターを取り外して壁にかければ、洗い場を広く使える。カウンターの裏までしっかり洗えて、清潔に保てるのもポイント

 中尾さんに説明してもらいながら、展示されたほかのお風呂を見て回ると、使う人の悩みを解決する多彩な機能がついていた。例えば、カウンターを取り外すことで洗い場を広く使えて、掃除もしやすくなったり、汚れがつきにくく落としやすい床材があったり、きれいな状態を保ちやすい鏡があったり。冬でも快適に入浴できるように、換気乾燥暖房機やお湯が冷めにくい浴槽、冷たさを感じにくい床材もあった。また、少ない水量でも勢いよく出せるシャワーヘッド、お湯の出し止めが簡単にできる水栓、LED照明など、省エネと節約を意識したものもそろっている。「豊富な機能を組み合わせることで、各家庭に合った理想のバスルームができますね」と河合さんは感心していた。

シャワーや水栓、手すりなど、さまざまなパーツを選ぶことができる。押すだけで水を出し止めできる水栓は便利だ

シャワーや水栓、手すりなど、さまざまなパーツを選ぶことができる。押すだけで水を出し止めできる水栓は便利だ

お風呂がブースにわかれており、イメージしやすい。シャワーを手で体感したり、床材の汚れの落ちやすさなどを試したりできるコーナーもある
お風呂がブースにわかれており、イメージしやすい。シャワーを手で体感したり、床材の汚れの落ちやすさなどを試したりできるコーナーもある

お風呂がブースにわかれており、イメージしやすい。シャワーを手で体感したり、床材の汚れの落ちやすさなどを試したりできるコーナーもある

洗面もデザインと機能が充実

 「洗面を選ぶポイントは、洗面ボウルとカウンターのデザイン、カウンターの高さと幅、鏡、収納、水栓などいろいろあります」と中尾さん。河合さんが気に入ったのは、カウンターの下がオープンになっているフルオープンセット。「椅子に座って肌のお手入れをできるし、小物を収納できる引き出しもあるから便利ですね」と言うと、中尾さんが「当社独自のセラミック技術で薄さ5mmのふちを実現して、国内外のデザイン賞を受賞した美しいデザインも魅力です」と説明してくれた。
水垢と汚れが落ちやすく傷がつきにくいアクアセラミックを採用

カウンターに洗面ボウルを置くベッセルボウルは、陶器ならではの艶感が美しくモダンな印象に。
従来の陶器ではできなかった、水垢と汚れが落ちやすく傷がつきにくいアクアセラミックを採用

大理石調のカウンター
大理石調のカウンター

大理石調のカウンターには高級感が漂う。上部と左右にLED照明を配置した鏡は、あごの下や頬の影ができにくく、お化粧の塗りムラやひげのそり残しのチェックに役立つ

 お掃除がラクになるように、洗面ボウルとカウンターが一体でつなぎ目のないタイプ、凹凸のない排水口、髪やゴミを簡単に捨てられる排水栓もあった。「洗面にも予想以上のバリエーションがあり、勉強になりました。次回のショールーム体験も楽しみにしています」(河合さん)。
洗面ボウルだけでも、いろんな素材や形があるんですね

「洗面ボウルだけでも、いろんな素材や形があるんですね」(河合さん)。「最近は手を差し出すと自動で水が出る水栓も人気なんですよ」(中尾さん)

PICK UP! 宿泊ギフト券や家電などをプレゼント!

宿泊ギフト券や
家電などをプレゼント!

宿泊ギフト券や家電などをプレゼント!

 LIXILでは2020年2月29日まで「極みキャンペーン」を開催中。対象商品を購入してキャンペーンサイトから応募すると、抽選で素敵なプレゼントが当たる。
 リシェSI(キッチン)を購入するとバミューダ キッチン家電が200名様、スパージュ(お風呂)を購入するとJTBプレミアム宿泊ギフト券が250組500名様、サティス(トイレ)ならダイソン ハンディクリーナーが100名様、ルミシス(洗面)ならブラウン電動歯ブラシが100組様に抽選で当たるというビッグチャンス。詳しくはキャンペーンサイト(LIXIL極みキャンペーンで検索)へ。
 また、豪華な特典がある「LIXIL秋のショールームフェア2019」も2019年12月27日まで開催中。この機会をお見逃しなく。

PICK UP! 宿泊ギフト券や家電などをプレゼント!
LIXIL福岡ショールーム
0570-783-553(ナビダイヤル)

福岡市博多区半道橋2-15-10
10:00~17:00
毎週水曜定休(休日の場合は営業)夏期・年末年始休み
https://www.lixil.co.jp/showroom/kyushu/fukuoka/