リノベーションの強い味方!

LIXILのショールームに潜入

福岡空港国際線のすぐそばにある
「LIXIL(リクシル)ショールーム福岡」。
RENOVALIFEのスタッフが
ショールームを訪問し、
4回にわたってレポートする、このシリーズ。
第2回目となる今回はトイレをご案内しよう。

 株式会社LIXILは、国内の建築材料・住宅設備メーカー5社(トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリア)が統合して2011年に誕生した、業界最大手のグローバル企業。世界中の誰もが描く住まいの夢を実現するため、先進的なトイレやお風呂、キッチンなどの水まわり製品と、窓やドア、インテリア、 エクステリアなどの建材製品を開発・提供している。
 福岡のショールームは約600坪の広々とした空間で、おすすめの最新商品がゆったりと並んでいる。「ショールームに行くと、商品をすすめられるのが苦手で…」と気になる人がいるかもしれないが、その点はご心配なく。こちらの販売は業者を対象にしており、個人のお客さんに商品を売り込んだり直接販売したりすることはない。
 実物に触れて体感したり、タッチパネルでプランを探したりと、楽しみ方はさまざま。キッズルームと授乳室もあり、子ども連れでも安心だ。予約なしで自由に見て回れるのもうれしい。ただし、説明を聞いたり相談したりしたい方は、インターネットか電話で予約して出かけよう。
今回はトイレを体験してきました!
RENOVALIFEスタッフがショールームのコーディネーターにキッチンの展示スペースを案内してもらいました。

ノーブルトープの便器をコーディネートしたトイレ空間。便器は陶器のため安定して同じ色を出すことが難しく、研究を重ねてこの色を実現した

RENOVALIFEスタッフが
ショールームのコーディネーターに
トイレの展示スペースを
案内してもらいました。
トイレの奥深き世界をご案内します ショールーム コーディネーター 早川有紀さん

ショールーム
コーディネーター

早川有紀さん

ドールハウス「シルバニアファミリー」が好きでこの仕事に就き5年

トイレのことはあまり知らないので楽しみです RENOVALIFEスタッフ 河合紘子さん

RENOVALIFE
スタッフ

河合紘子さん

30代。築30年近い実家のリノベーションを検討中

前回のキッチンに続き、第2回目となるショールームの体験は、ショールームの真ん中にあるトイレのコーナーを案内してもらった。コーディネーターの早川有紀さんが「トイレは家の中でも小さめのプライベート空間で、費用をあまりかけなくてもガラッと印象を変えやすいんです。家の中でまず1か所手を入れたいという方には、トイレがおすすめです」と教えてくれた。
 トイレのコーナーに着くと、河合さんはさっそく気になる空間を発見。「全体がコーディネートされていて、まるで部屋みたい。こんな色の便器は初めて見ました」。この便器の色はLIXILオリジナルの「ノーブルトープ」。便器といえば昔から白が主流で淡いピンクやブルーはあったが、落ち着いたトーンがほしいという要望を受けて、LIXILでは2009年に黒を商品化。さらに2年前に開発したこのノーブルトープが人気となっているという。

トイレをもっと素敵な空間に

 「弊社が行ったアンケート調査によると、お客様はトイレで本を読んだり考えごとをしたりと、1日に数十分過ごす人が結構いると分かりました。そこで、トイレをもっとリラックスしたりワクワクしたりする空間にするため、便器はもちろん壁や床、手洗いなどのバリエーションを増やして、お好みの雰囲気を演出していただけるようにしています」と早川さん。河合さんは「なるほど、最近はデパートなどでも素敵なトイレが増えましたよね」と納得していた。
おしり用とビデ用のノズル

おしり用とビデ用のノズルがわかれていて、先端を取り外して洗えるのもLIXILならでは。先端は数百円で気軽に取り替えられる

デザイン豊富な内装壁・エコカラットプラス。湿度が高いときは湿気を吸収、乾燥時は湿気を放出し調湿するのでカビの繁殖を抑えられる。脱臭効果も高い

エコカラットプラス
リモコンのデザインもオシャレ

リモコンのデザインもオシャレに

世界最小の便座

奥行きが短い、世界最小の便座。コンパクトになった分、手洗いや収納のスペースをしっかり確保できる

劣化しないタイル

床は、強度が高くて掃除しやすく劣化しないタイルがおすすめ。こちらはフローリングのように見えるタイル

便器が汚れにくいのは当たり前

 そもそもリフォームをする人がトイレを選ぶとき、一番多いこだわりは機能面だという。「特に汚れにくいものを望まれますが、弊社の便器は全てアクアセラミックで、普通にお掃除をしていれば清潔に保つことができます。汚れにくいというのはもう当たり前なんです」と早川さん。便座の溝や便器のフチがなくて掃除がしやすいタイプ、除菌・消臭機能つき、フタが自動開閉するものなど、清潔に保てる便利な機能がどんどんそもそもリフォームをする人がトイレを選ぶとき、一番多いこだわりは機能面だという。「特に汚れにくいものを望まれますが、弊社の便器は全てアクアセラミックで、普通にお掃除をしていれば清潔に保つことができます。汚れにくいというのはもう当たり前なんです」と早川さん。便座の溝や便器のフチがなくて掃除がしやすいタイプ、除菌・消臭機能つき、フタが自動開閉するものなど、清潔に保てる便利な機能がどんどん登場している。

ラクに掃除できる

便座が真上にあがり、汚れが気になる便器とのすき間までラクに掃除できる

 さらに河合さんが「壁もいろいろなデザインがありますね。タイルみたいでかわいい」と触っていると、早川さんが「こちらは湿度とにおいを吸収して、快適な空間にしてくれるエコカラットプラスという壁です。どの部屋にも使えて、トイレにもいいですよ」と説明してくれた。
 いろいろなトイレを見せてもらった河合さんは「トイレの世界はどんどん進化していて驚きました。機能面だけではなく、居心地のいい“小さな部屋”としてデザインするという発想がとても面白くて、もっといろいろなデザインを見てみたくなりました」と関心が高まっていた。
違いがよく分かる

こちらのショールームには、さまざまなタイプの便器や壁、床などがそろっている。実際に見て触って説明を聞いてみると、違いがよく分かる

すごさはビデオで見ると分かりやすい

100年クリーン「アクアセラミック」のすごさはビデオで見ると分かりやすい。水アカの固着を化学的に防ぎ、便器洗浄や掃除のたびに汚物を浮かせて洗い流すことができる

PICK UP! 気になる情報をスマホでチェック

気になる情報を
スマホでチェック

気になる情報をスマホでチェック
LIXILスマホサイトイメージ

LIXILのホームページはコンテンツが大充実。例えば、展示商品を360°写真で見たり、水まわりや内観などをシミュレーションしたり、リフォームの実例となかなか聞けない費用の相場を確認することもできる。お得なキャンペーン情報も公開しているので、ぜひチェックを。また、24時間365日メールで相談できる「リフォームいつでも相談室」は便利。気になることを気軽に質問して、1歩を踏み出そう。

QRコード
PICK UP! 気になる情報をスマホでチェック
LIXIL福岡ショールーム
0570-783-553(ナビダイヤル)

福岡市博多区半道橋2-15-10
10:00~17:00
毎週水曜定休(休日の場合は営業)夏期・年末年始休み
https://www.lixil.co.jp/showroom/kyushu/fukuoka/