リノベーションの強い味方!

LIXILのショールームに潜入

住まいを新しくするとき、
建築材料や住宅設備機器を見て回るのは楽しいもの。
多数のショールームがある中で、充実のラインナップを誇るのが
「LIXILショールーム福岡」。
とはいえ、一般の人はなかなか行きにくいかもしれない。
そこでRENOVALIFEのスタッフがショールームを訪問し、
4回にわたってレポート。
第1回目となる今回は、
ショールームの全貌とキッチンをご紹介しよう。

「LIXILショールーム福岡」外観
 福岡空港の近くで、「LIXIL」(リクシル)というオレンジ色の看板がそびえたつ「LIXILショールーム福岡」。株式会社LIXILは、2011年に国内の主要な建材・住宅設備メーカー5社(トステム、INAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリア)が統合して誕生した、業界最大手だ。
 「総合住生活企業」と標榜しているとおり、福岡のショールームにはキッチンや浴室、洗面台、トイレなどの水まわり製品から窓、サッシ、ドア、インテリア建材、エクステリアまで、住まいに関するあらゆるものが勢ぞろい。一度に全ジャンルの実物を見ることができて、触って体験できる仕掛けが多いので、家族みんなで楽しめそう。
 さらに、タッチパネルで自分に合うプランを探すことができたり、事前に自分の家の図面を送っておけば、リフォーム後のキッチンイメージをVRで見られるサービスも一部シリーズでスタートしたばかり。コーディネーターに何でも相談できるから、住まいの疑問や不安を解消して、最新の情報までキャッチできると評判だ。ぜひ気軽に行ってみよう。
「LIXILショールーム福岡」フロアマップ
「LIXILショールーム福岡」フロアマップ
「LIXILショールーム福岡」フロアマップ

※マップ画像をタップすると拡大できます

気になる疑問をお聞きしました!

答えてくれたのは
「LIXILショールーム福岡」
ショールームマネージャー

原口佳子さん

予約しなくても見学できますか?

はい、予約なしに自由に見学いただけますので、いつでも気軽にお越しください。(販売や売り込みなどをショールームでは行っていません)ただし、説明を聞きたい方やしっかり相談したい方には予約がオススメです。土日祝日は特に混み合いますので、お電話かインターネットよりご予約ください。また、平日のご来館だとゆっくりご覧いただけます。

行く前にやっておくことは?

ご自宅の図面や業者様からの資料をお持ちいただくと、展示確認やショールームでのご提案などもスムーズです。リフォームの場合は現状のレイアウトがわかるお写真や寸法をメモしてお持ちいただくことをおすすめします!!LIXILのホームページにも“簡単!はじめての撮影・採寸”としてポイントを記載していますので、参考にしてください。

子ども連れでも大丈夫?

もちろんです。入り口に貸出用ベビーカー、トイレにはベビーシートとおむつ用のごみ箱を設置しています。おもちゃで遊べるキッズコーナーや授乳室もあります、車椅子もございますので、どなたでも安心してご来館ください。

お得な時期はありますか?

LIXILショールームでは、開催期間中に対象商品をお見積り・ご成約の方に長期保証サービスを特別価格で申し込みいただけるキャンペーンなどを行っております。また、国は今年「次世代住宅ポイント制度」として、一定の性能を有する住宅の新築やリフォームをする方に、さまざまな商品と交換できるポイントを発行する制度を始めます。LIXILにもたくさんの対象商品がありますので、詳しくはお問い合わせください。

まずはキッチンを体験してきました!
RENOVALIFEスタッフがショールームのコーディネーターにキッチンの展示スペースを案内してもらいました。
RENOVALIFEスタッフが
ショールームのコーディネーターに
キッチンの展示スペースを
案内してもらいました。
ショールーム コーディネーター 辰巳奈穂さん

ショールーム
コーディネーター

辰巳奈穂さん

コーディネーター歴5年。
大阪から転勤で福岡へ

RENOVALIFEスタッフ 河合紘子さん

RENOVALIFE
スタッフ

河合紘子さん

30代。築30年近い実家のリノベーションを検討中

 第1回目となるショールーム体験は、ショールーム福岡の中で一番広いスペースを占める人気のキッチンコーナーをコーディネーターの辰巳さんにガイドしてもらった。河合さんがこちらに来たのは初めて。「広々とした空間に本物のキッチンがたくさんあるんですね。私は料理が好きなので、利用者目線でしっかりチェックします」とさっそくハイテンションでスタートした。
組み合わせが見られるからイメージがわきやすい

「LIXILのキッチンのワークトップはセラミック・人工大理石・ステンレスの3種類。好きなワークトップと収納扉をこのように組み合わせて、実際の雰囲気を確かめられます」(辰巳さん)

 まず案内してもらったのは、セラミックトップカウンターのキッチン。「セラミックはキズや汚れに強く、熱い鍋をそのまま置いても、まな板なしで包丁を使っても大丈夫です」と辰巳さん。「焼き物ならでは味わい深い表情もいいですね」と河合さんが手触りを確かめた。
棚をスライドできて大容量!これは使いやすい

シンク下の収納扉が斜めに開き、内側のポケットに頻繁に使う小物を入れられる。奥は2段になっている。

広々したシンク内にレーンがあり、プレートや水切りカゴを置ける

プレート、水切りカゴ
ハンズフリー水栓

ハンズフリー水栓は、水流が扇状に広がるひろびろシャワーですすぎ時間を短縮

 このキッチンは他にも便利な仕掛けがいっぱいある。ハンズフリー水栓は、手や物をかざすだけで水が出て離すと水が止まる。「料理中の汚れた手で水栓を触らなくていいから、掃除もラクになりますね。水栓をピカピカに磨くのは大変ですから」と河合さん。シンク内に2段レーンがあり、調理スペースとして活用できるマルチプレートとアンダー水切りプレートを組み合わせれば、シンクスペースで下ごしらえや洗い物を効率よく済ませられる。シンク下には収納がたっぷりあり、引き出しが斜めに開いて普段使いの道具を手前に収納できるのも、このキッチンならではの特徴だ。
キッチンイメージ

「レイアウトは壁付型・造作対面型・アイランドなどがあり、実際に使っている様子をイメージして選びましょう。キッチン選びの3大ポイントは調理・掃除・収納です」(辰巳さん)

キッチンイメージ

「レンジフードは長期間ファンの掃除が不要でお手入れがラクなタイプが人気です」(辰巳さん)

「調味料を並べて必要なときだけ取り出せる収納なんて、素晴らしいアイデア!」(河合さん)

キッチンイメージ

「調味料を並べて必要なときだけ取り出せる収納なんて、素晴らしいアイデア!」(河合さん)

 続いてキッチンコーナーを歩きながら、収納を開いて確かめたり、お手入れしやすい換気扇をのぞいたり。シンクと扉、水栓のサンプルも豊富にそろい、「色やデザインが多彩で選ぶのが楽しい」と河合さんは興味深そうに見ていた。
 1時間ほどで辰巳さんから細かいところまで説明してもらった河合さん。「最新のキッチンは使いやすさを追求されていてすごい。自分の目で見て体験することで、機能もよくわかりました」
PICK UP! 季節のお役立ち情報

強い日差しを
窓の外でカット

スタイルシェード

 これからの季節は、窓から強い陽ざしが差し込んで、暑くなってくる。日よけとしては、窓の外に立てかけるすだれやよしずがあるが、固定できず少しずつ傷んできて、見た目も気になる。かといって、薄いカーテンは太陽の熱を防げず、厚いカーテンでは暗くなってしまう。
 そこで今回ショールームで見つけたのが「スタイルシェード」。窓の外に取り付けることで、窓の外側で太陽熱を大幅にカットして、室内の温度をキープ。冷房費をかなり削減できて、室内の熱中症対策にも効果を発揮する。2013年度グッドデザイン賞、2018年度キッズデザイン賞を受賞したというだけあって、スッキリした見た目も好印象だ。

PICK UP! 季節のお役立ち情報
LIXIL福岡ショールーム
0570-783-553(ナビダイヤル)

福岡市博多区半道橋2-15-10
10:00~17:00
毎週水曜定休(休日の場合は営業)夏期・年末年始休み
https://www.lixil.co.jp/showroom/kyushu/fukuoka/